デスクトップパソコンご注意事項とデータ復旧事例&料金明細

データ復旧(重度障害:データ復旧会社へ クリーンルームレベル)

データ復旧のみ(重度障害)

データ復旧(重度障害)+パソコン修理

1データ復旧(重度障害)の事例は一例としてご覧頂ければ幸いです

  • データ復旧とは、データ復旧会社のクリーンルーム室内での作業を必要とする重度障害レベルです。一般的には、パソコン修理会社では取り出せない事案として、データ救出・移行の次のステップと位置付けされています。弊社では、提携先のデータ復旧会社へ依頼しております。

2「データ復旧+パソコン修理」の場合

  • 同じ現象や状態であっても、原因はさまざまです。メーカー/機種/製造世代/内部規格/部品規格/部品スペック/内部構造/故障の程度等により異なります。
  • 国外国内メーカー問わず部品の多くは、海外生産に依存しており、生産国の政治不安/経済情勢/自然災害等の影響と需要と供給のバランスにより変動します。日本国内での市場価格も同様に変動(安価→高価/高価→安価)します。

3記録メディア全体領域からの復旧です

  • データ復旧会社は、記録メディアの種類(HDD/SSD/NAS/外付けHDD/USBメモリ/SDカード等)と容量(TB/GB/MB)とRAID構成(複数のHDDを一つのHDDとして認識)か否かによるところとなり、データ量では判別されません。それによりデータ量による追加料金はありません。

4取り出した部品について

 

デスクトップパソコン(一体型) TOSHIBA (1TB以下/RAIDでは無い) HDDエラー表示 ウイルス表示
ハードディスク重度障害(データ記録面障害、データ領域不正、ファイルシステム破損) データ復旧 (別PCへ)
なし ¥99,000

 

デスクトップパソコン SONY (1TB以下/RAIDでは無い) HDDが読み取れない
ハードディスク重度障害(リード障害、データ記録面障害、データ領域不正、ファイルシステム破損) データ復旧 (別外付けHDDへ)
なし ¥99,000

 

デスクトップパソコン用HDD Seagate (1TB以下/RAIDでは無い) データが見れない
ハードディスク重度障害(データ記録面障害、データ領域不正、ファイルシステム破損) データ復旧 (別PCへ)
なし ¥99,000

 

デスクトップパソコン用HDD Seagate (1TB以下/RAIDでは無い) 動作がとても重い
ハードディスク重度障害(データ記録面障害、リード不良、データ領域不正、ファイルシステム破損) データ復旧 (別PCへ)
なし ¥99,000

 

デスクトップパソコン mouse computer (1TB以下/RAIDでは無い) HDDが読み取れない
ハードディスク重度障害(データ記録面障害、データ領域不正、ファイルシステム破損) データ復旧 (別PCへ)
なし ¥83,600

 

デスクトップパソコン FRONTIER (1TB以下/RAIDでは無い) HDDが読み取れない
ハードディスク重度障害(データ記録面障害、データ領域不正、ファイルシステム破損) データ復旧 (別PCへ)
なし ¥82,500

 

デスクトップパソコン Westen Digital (1.5TB/RAIDでは無い) BIOS認識しない
ハードディスク重度障害 データ復旧 (別外付けHDDへ)
なし ¥110,000

 

デスクトップパソコン HP (1TB以下/RAIDでは無い) HDDが読み取れない
ハードディスク重度障害 データ復旧 (別外付けHDDへ)
なし ¥82,500

 

デスクトップパソコン FUJITSU (1TB以下/RAIDでは無い) 起動しない
ハードディスクの故障及びハードディスク重度障害 リカバリ作業+ハードディスク交換+データ復旧 (交換した新しいHDDへ)
ハードディスク ¥106,700(パソコン修理作業+データ復旧 同時)